styling report‎ > ‎

洋服を買う時期、季節と買い方について

1.洋服売場の一年のサイクルと購入時期

ファッションは主に「春~夏」用と「秋~冬」用の2つに分かれます。これがどのようにショップで展開されるのかというと、おおまかこのようになります。
 
売場での展開 備考
1月 冬物セール 秋~冬物がセールになる。
2月 春~夏物 売り場が切り替わり春物が入り始める。一部セール品あり。
3月 展開 完全に春物の売り場となる。
4月 夏物が出始める。
5月 春物が減り始める。春~夏の過渡期。
6月 夏物中心の売り場となる。
7月 夏物セール 春~夏物がセールになる。
8月 秋~冬物 売り場が切り替わり秋物が入り始める。一部セール品あり。
9月 展開 完全に秋物の売り場となる。
10月 冬物が出始める。
11月 秋物が減り始める。秋~冬の過渡期。
12月 冬「物中心の売り場となる。

 
どのくらいで春物が減って夏物中心になるか、秋物が減って冬物中心になるかはショップやブランドによってまちまちですが、お店の人に聞いたり、サイトでチェックすると「○月×日頃に春物入荷」といった情報が手に入るので、気になるブランドがあったらチェックしてみると良いでしょう。
 

2.上記以外のバーゲン・セールについて

最近では「アウトレット」という年中バーゲンをやっているショップも郊外に増えて、年中バーゲンをやっているような気になります。今、「バーゲン・セール」はどこでどんな時にやっているのでしょう?「シーズンの切り替えの時期」というのが基本ですが、ここではそれ以外のバーゲンを書いてみました。
  1. アウトレットモール
    冒頭にも書いた、年中やってる値引き販売のショッピングモール。郊外に多く、ブランド、メーカーの直営店が多数店を構えている。主にバーゲンでも売れなかった商品や型落ち商品の処分など。
  2. 閉店セール
    これはショップとしてはもう末期ですが、客の我々からするとある意味非常に「美味しい」セールです。通常よりも著しく値下げした商品が並んでいる事もあり、かなりお買い得度が高い。ただし、なかなか出会う機会は少ない。
  3. 通販セール
    これはウェブサイトを持っている会社、ショップが行うセールで、通販のみのものです。通常のセールと同じ目的の場合と、サイトの認知向上、アクセスUPの為に不定期に行っている場合があります。
  4. アトリエセール
    ガレージセールとも呼びます。アトリエセールとは、洋服のデザインをする事務所を「アトリエ」と呼ぶ為その事務所で直接セールを行う為こう呼ばれたようです。(会社のガレージで行う場合もあり、「ガレージセール」とも呼ぶ。)ですから、これは洋服のデザイン事務所の近くや、輸入、卸問屋の近場で地域住民相手に行われるケースがほとんどで、広く告知をする事は少ない。
  5. ファミリーセール
    社員の家族、知人限定のセール。丸井やオンワードなどが有名。特にオンワードのセールは本当に家族関係しか入手できないレアな葉書が無いと入れない。ちなみに、以前は入場も難しかったこのファミリーセールでも、インターネットの発達で、ウェブサイト上からの登録であっさり葉書をGetできてしまうセールも増えました。
通常のバーゲンセール以外でとりあえず目に付くのはこんなものでしょうか?
この中でも4.、5.は比較的通常のバーゲンに近いサイクルで行われるケースが多く、2.、3.は突発的なものが多いようです。
 

3.購入時期と買い方について

さて、本題の「いつ買うか」です。当然セール期間は安いですが、見ての通りセール時期はその季節の終わりにするのが普通です。だから、だいたいセール後2ヶ月程度がセールで購入した服を着れる期間となります。
反面、セール以外のシーズンに買うと、値段が高いというデメリットがありますが、そのシーズン長く着られるというメリットがあります。(3月に春物の服を買うと、がんばれば5ヵ月後の7月まで着れます。)
 
つまり、いつ購入するかは、予算との兼ね合い、着用期間が大きなポイントなのです。整理すると以下のようになります。
※「発売1~2ヶ月後」とは、春物:2~3月、夏物4~5月、秋物8~9月、冬物10~11月を指す。
 
購入タイミング メリット デメリット 向いている買い方
(1)発売1~2ヶ月後 その年のトレンドをいち早く自分のファッションに取り入れられる。そのシーズンに長く着られる。 お金が掛かる。

・お金に余裕がある時
・本当に欲しいモノを買いたい時
・早めにトレンドを押さえたい時
・限定品

(2)セール時期 安く買える。 流行りのアイテムの場合、購入後あまり着る期間が短い。着ない事になる可能性あり。品切れで欲しいものが買えない場合がある。 ・お金にあまり余裕の無い時
・あまりお金をかけずに流行の服を入手したい時
・定番の服を購入する時
 
実際には、このどちらか一辺倒になるのでは無く、アイテムによって「早めに買うもの」「セールまで待って買うもの」を選んでいくものです。自分が欲しいもののポジショニング、予算事情などを加味して効率良く買い物をしましょう。