style-connection.net

メンズカジュアルファッション情報サイト

カジュアルファッションの成り立ちについて

f:id:styleconnection:20180724000420j:plain

カジュアルって何だろう?

よく、カジュアル、カジュアルと言いますが、どういう意味かご存知ですか?辞書で調べてみるとこのように書かれています。

[casual]
堅苦しくないさま。くつろいでいるさま。多く複合語として用いる。「―なスタイル」「―-コート」
直訳すると、「偶然の」「何気ない」「臨時の」「うわべだけの」「のんきな」「略式の」
casuallaborer:臨時雇い、casualwear:普段着

ここで言う「カジュアル」は「カジュアルウェア=普段着」ですね。つまり、「くつろいでいる」「何気ない」「のんきな」服なんでしょう。
さて、世の中様々な国のカジュアルファッションがありますが、現代日本のカジュアルウェアは欧米の影響を受けた(あるいはそのまま)服だと言えます。しかし、アメリカとヨーロッパでは事情が違いますし、更にヨーロッパ各国でも国によって違いがあります。

実際のファッションでは各国の事情以外にもブランド、メーカーのポリシーによる違いの影響が大きいので、おおまかな視点から、現在のカジュアルファッションの土台となっているアメリカン・カジュアルとヨーロピアン・カジュアルの違いを整理してみます。

 

メンズウェアの4分割

メンズに限った事ではありませんが、洋服はいくつかの理由や目的で作られているものです。ここでは、日本を含めた先進国の洋服について、2つの軸を元に分類してみました。縦軸を「用途」、横軸を「作り、構造」としています。これでおおまかに4つのカテゴリーに洋服を分類をします。(図1)

ワークウェア、スポーツウェア、オフィスウェア、フォーマルウェア

f:id:styleconnection:20180723231326p:plain

横軸の「作り、構造」について見てみましょう。右が「Sensitive=繊細、敏感」なもの、 左が「Active=活動的」なものです。それぞれの特徴は下図の通りです。(図2)

f:id:styleconnection:20180723231427p:plain

左側の「繊細な」服は古くからある伝統的な紳士服の流れです。伝統的な紳士服は中世ヨーロッパの上流階級を中心に発展、進化してきたものです。

 

次に縦軸の「目的、用途」についてです。こちらは歴史を背景としたものでは無く、現代の着用シーンを元に分類しています。上が「Business=主に仕事用」、 下が「Private=主に私生活用」です。こちらは分かりやすいと思います。

f:id:styleconnection:20180723231746p:plain

実際には、仕事で着れば何でも「ワークウェア」になりますが、ここでは仕事上において「制服」「専用服」「着用を奨励あるいは事実上義務付けている服」といったニュアンスで捉えています。 そんな解釈で、「ビジネススーツ及びその周辺」は立場上こちらになります。(事実、スーツを「制服」と呼んでいるサラリーマンの方多いですよね。私の周囲にもたくさんいます。)

 

各アイテムとスタイルについて

 

f:id:styleconnection:20180723232201p:plain

前述した4つのエリアはこういったアイテムから構成されます。(図4)
このアイテム配置は、現代の洋服で、特定のブランドに寄らない事を前提としています のでご留意ください。(昨今のメジャーなカジュアルブランドは記載している多くのアイテムを扱っている事から、ブランドと各カテゴリーの関係を紐づけると各アイテムの位置関係が分かりにくくなる為です。)ここで、各カテゴリーの概要を説明します。

ワークウェア

主に「作業、肉体労働」を中心に、「専用の服」であるもの、あるいはそういった生い立ちだった服。ジーンズも昔は「ウエストオーバーオール(腰丈のオーバーオール)」と呼ばれており、このカテゴリーに入ります。
また、チノパンやMA1などのサープライスもの(軍の払い下げ品が発祥)も立派なワークウェアです。

オフィスウェア

ここで紹介する「オフィスウェア」は、平たく言えば「ビジネススーツ」や「ジャケット+パンツ」スタイル。ビジネススーツはフォーマルなスーツが機能的にブラッシュアップされたものですが、一定のルールや素材などで、気品を保っているものです。近年は日本でも「仕事用を目的としない上下のスーツ」も出回るようになりましたが、源流はこのカテゴリーに入ります。

スポーツウェア

「スポーツウェア」というと、NIKEやアディダス等を思い浮かべる方が多いと思いますが、欧米でカジュアルウェアと言えば「スポーツウェア」という表現も一般的な呼び方です。ネクタイ着用を前提としないシャツやブルゾン、パンツなどです。
ここでは、そういったものや、本当に運動をする為のウェアや、アウトドアなどの為の服をまとめています。

フォーマルウェア

ここは言うまでもありません。いわゆる「社交の場」向けの服です。欧米では映画、演劇の鑑賞やソーシャルパーティでこういった服装(ドレスアップ)をして外出する人がいますが、日本ではフォーマルウェアで参加するイベントは「冠婚葬祭」の用途がほとんどでしょう。

 

現代のカジュアルファッションについて

こういった背景、分類をもとに現在のメンズカジュアルファッションのフレームワークとなっている「アメリカン・カジュアル」と「ヨーロピアン・カジュアル」をおおまかに整理するとこのようになります。

アメリカン・カジュアル

f:id:styleconnection:20180723234402p:plain


アメリカン・カジュアル(アメカジ)のスタイルは図5のような「ワーク+スポーツ」で構成されます。 アメカジ好きな方に人気の「アロハシャツ」も広義では「スポーツウェア」に入ります。コーディネートとしては「下=ワーク、上=スポーツ」の組み合わせが多いのではないでしょうか?

例:Tシャツ+カーゴパンツ、スウェットパーカー+チノパン、ポロシャツ+ジーンズ など

ヨーロピアン・カジュアル

f:id:styleconnection:20180723234828p:plain

「アメリカン・カジュアル」に対して、「ヨーロピアン・カジュアル」はやや複雑になります。「オフィスウェア」に相当する服をプライベートでも着る為です。
元々スーツはヨーロッパ(特にイギリス)が本場ですので、彼らは、日本人のように「スーツ=仕事用の服」とは思わず、「エレガントなデザインされた服」と見ている側面があります。これは歴史的背景も大きいでしょう。(図2参照)
ヨーロピアン・カジュアルのスタイルではこのようなコーディネートが生まれます。
例:テーラードジャケット+ジーンズ、Gジャン+ウールパンツ、ドレスシャツ+カーゴパンツ など


※ヨーロッパでジーンズなどのワークウェアが広く一般に着られ始めたのは第2次世界大戦後と言われています。戦後、ヨーロッパに駐在するアメリカ兵の私服のジーンズや、物品不足だった時期に支給されたアメリカの古着、米軍払い下げの軍服などがヨーロッパの人たちに広まり、カジュアルウェアに大きな影響を与えたようです。 その為、ヨーロッパの人たちは「ヨーロッパの伝統的な服+アメリカの合理的な服」の融合ができたのでしょう。

かなり強引な結論ですが、要約するとこうなります。

アメリカン・カジュアル

主にワーク&スポーツウェアでコーディネートされ、楽な着心地や、メンテナンスが楽な服が多い。着こなしのイメージは「リラックス」「ワイルド」「スポーティ」なもの。

ヨーロピアン・カジュアル

伝統的なスーツなどの着こなしと、ワークウェア、スポーツウェアの機能性が融合した着こなし。組み合わせによっては楽では無いが、クリーンでスタイリッシュなコーディネートを得意とする。イメージは「シック+リラックス」「クラシック+ラフ」「シャープ+イージー」など。

 

番外編:ヨーロピアン・カジュアルのススメ

日本で最もメジャーなカジュアルファッションは「アメリカン・カジュアル」ですが、私は「ヨーロピアン・カジュアル」を取り入れてみることをおすすめします。その理由は以下の通りです。

 

  • アメカジ好きの人 が今手持ちのアイテムを活用してコーディネートの幅を広げる事ができる。
  • これまでファッションに無頓着だった社会人でも、スーツに近いシルエットでカジュアルファッションがコーディネート出来る為、慣れやすい。
  • 若年層からシニア世代まで幅広い年代の人に似合う。

 

中でもおススメのアイテムは「テーラードタイプのカジュアルジャケット」です。基本的な形はスーツの上着と同じですが、素材や作りが違い、落ち着きがありながらカジュアル感を演出する事ができます。
最近では多くのカジュアルブランドでもテーラードタイプのジャケットを扱うようになり、安価に手に入るようになりました。一度手に入れてみると良いでしょう。