style-connection.net

メンズカジュアルファッション情報サイト

JIS規格を元にしたサイズ表記とサイズの選び方

f:id:styleconnection:20180820232822j:plain

JIS規格について

カジュアルな洋服のサイズはS、M、Lなどの表記で分けられていますが、これにはルールがあります。
「JIS」(日本工業規格。Japanese Industrial Standardsの略)というものを聞いたことがある方は多いと思いますが、こちらの「成人男子の衣料サイズ(JIS L4004)」で規定されています。
JSIでは表示方法には「a:体形区分表示」「b:単数表示」「c:範囲表示」の3種類がありますが、S、M、Lなどの表記は「c:範囲表示」にあたり、カジュアルウェアで最も使わている表示です。

国は国民生活や産業をスムーズに運営する為に、一般人の知らないところで色々と管理をしており、洋服も同じです。ここで紹介するサイズ表記から、洗濯表記などなど、様々な決まり事があり、それを守って初めて洋服などの工業製品は世に出ます。洋服のサイズについては、「衣料品を購入する際に、自分の体にあったものを選ぶ目安となる」事を目的として定められていますので、サイズを選ぶ際にはJISの規格を知っていて損はありません。ここではJIS規格を元に「上着(ジャケットやシャツなど)のサイズ」を考えてみましょう。

 

現在のメンズウェアのサイズ表記と寸法

現在のメンズウェアは1996年に改定された表示で、正式にはSA、MA、LAなどの表記ですが、各々S、M、L表記としてよいというルールになっています。(SA、MAなどの「A」は「チェストとウエストの寸法差が12㎝の体型」の意味で、おおむね標準的な体型を指します。この他にもJISではLY(痩せた人向けL)やMB(太め向けM)等のバリエーション規定がありますが、ほとんどのブランド、メーカーのカジュアルウェアはそこまでサイズ分けをしていないので市場には出回っていません。)
昔は無印良品などでSA、MA、LAなどの表記を採用していた時期もありましたが、今はどのメーカーもS、M、L表記となっているので、ここでもS、M、Lで統一します。

f:id:styleconnection:20180820222045j:plain

上からS、M、Lの規定範囲をピックアップしたのが下の表です。各寸法は洋服を着る人の「身長」「胸囲(チェスト)」の2要素から決められています。

f:id:styleconnection:20180820222427j:plain

各サイズと実際のフィットについて

JISの規格が分かったところで、実際のフィッティングを考えましょう。
上記の寸法内に収まっていればいいのですが、それから外れていたらどうなるでしょう?

例1:身長170cm、胸囲85cmの人の場合

スリムな体型の人の場合です。このぐらいの背丈の人はだいたいMサイズを購入すると思いますが、着てみるとちょっとだぼっとした感じになります。

例2:身長170cm、胸囲100cmの人の場合

こういった体格の人はかなりマッチョな体型な人です。Mサイズを着てみると、ピチピチになると思います。反面mLサイズを買うと今度は着丈が長すぎたりします。

f:id:styleconnection:20180820222611j:plain

 上記の例をもっと細かく表現するとこのようになります。各サイズのBOXに入らない人は大きく2つの傾向にあります。

痩せ型:身長に比べ胸囲が狭い

この人は△の人です。右にシフトすると幅がルーズめな着方、下に行くと着丈が短めな着方です。

がっちり型:身長に比べ胸囲が広い

この人は□の人です。上に行くと着丈が長め、左に行くと横幅がタイトめな着方になります。

 

f:id:styleconnection:20180820222942j:plain

サイズ選びの許容範囲の考察

先の「△の人」「□の人」の例にある通り、同じ身長の人でもJIS規格で規定されている寸法から外れると、フィット感や見た目に違いが出てきます。

残念ではありますが、世の中がこういうルールで洋服を作っているので、著しく寸法が合わない場合は、意図した着こなしができない場合が出てきます。

f:id:styleconnection:20180820223152j:plain

この赤いラインは「既成の服でそれなりにおしゃれに着る為の体型の範囲」を示したものです。各BOXの頂点を結んだ2本のライン内に自分の体型が収まっていれば、おおむね通常の着こなしができるはずです。しかし、この範囲を大幅に外すと(例えば身長165cmで胸囲が110cmとか)一般的な服を普通に着こなすのは難しくなるでしょう。

多少のお金を掛けてサイズの修正を行うか、本来とは異なる着方を余儀なくされる事になります。(ちょっと丈が長すぎ、幅がありすぎ等。)反面、この寸法を分かっていると、「あえてルーズな着こなし」とか、「あえてタイトな着こなし」なども考える事ができます。

 

さいごに

「サイズ選び」は洋服を着こなす上でとても重要な要素ですが、上記のJIS規格の話のほかに、いくつか留意しておきたい点があります。

ほとんどの洋服は工業製品ですから、より多くの人に受け入れられる服をメーカーは作ります。それは寸法も同じ事で、こだわりのあるデザイナーズブランド以外は、「いまの世の中に多い体型、受けるサイズ感」を元に寸法、カッティングを決めています。だから、着る側の我々もそれを許容していく必要があります。つまり、「一般的な服を着こなすには、ある程度の標準的な体型を維持する」事も大事なのです。定番的な服の場合は比較的JIS規格に準じている場合が多く、ある程度は参考になると思います。

また、サイズ選びで見落としがちな事があります。それは「JIS規格のサイズ表記は、メーカーが『このくらいの体型の人に着て欲しい』と思うサイズ」だという点です。決して洋服自体のサイズではありません。同じブランド、メーカーでも「ゆったりめ」「タイトめ」なデザインをしている場合があるので(例えばユニクロでもこのような例はあります)、定番よりやや流行りのデザイン寄りの服の場合には注意が必要です。また、昨今はメンズウェアでもニット系やポリウレタン等ストレッチ素材を使った洋服が増えているので、見た目と着心地にギャップが出るケースも珍しくありません。洋服はできるだけ実際に見て、試着をしましょう。

さいごに、これは洋服を着慣れない男性に多いケースなのですが、「本人に本当に合うサイズよりも大きめの服を着る傾向にある」という点です。これは中学~高校生の頃の「楽に服を着たいという本人の気持ち+成長する子供に大きめの服を着せておけばコスパがよいと考える親の名残を大人になっても引きずっている」為ではないかと思います。いつも自分に合うサイズはMサイズだと思っていた人が、実はSサイズが丁度良かったと言う事が本当によくあります。ルームウェア等のリラックスタイムの服はゆったりめでも良いでしょうが、多少なりともお洒落を気にする場合には、是非一度、自分の体型と身の回りの服のサイズを見てみて下さい。体型に合っている服を着ていると、それだけでお洒落度は一段アップするものです。